自分の「強み」

先日書いた「プライマリ~地域へ向かう医師のために~」でも
少し書いたが、自分の得意技、強みは何だろうと
時々考えることがある。

なぜかと言えば、自分の出来ないことには、
敏感に反応するため「出来ないことだらけ」
スパイラルに陥ることがあるので、
意識して得意技、強みを考えてみようと
思っているからである。

そんな想いを持っていたこともあり、偶然
書店で見つけた「さあ、才能に目覚めよう」という
本を買ってみた。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
日本経済新聞出版社
マーカス バッキンガム

ユーザレビュー:
ちょっと納得いかない ...
合わなかった。どんな ...
強点をさらに強くした ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



結構分厚いので、全てを読んだ訳ではないが、
この本の特徴である「ストレングス・ファインダー」という
オンラインテストをやってみた。

これは、1冊につき1つのIDが与えられていて
オンラインで登録すると180問近い質問に
答えることで、「自分だけの特徴的な資質」という
ものを5つリストアップしてくれるのである。
(資質の項目は全部で34ある)

そもそも、この「自分だけの特徴的な資質」を
知りたいと思ったのは、この本で述べられている
★人の才能は一人ひとり独自のものであり、
 永続的なものである

★成長の可能性を最も多く秘めているのは、
 一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である

★弱点とは「優れた成果を得るのに妨げになるもの」と
 定義する
→世間一般では弱点=進歩が望めない分野とされているが、
 この概念を取り払う

このような記述に「なるほど~」と思い、早速試してみた。
その結果「自分だけの特徴的な資質」は
①アレンジ
②回復志向
③調和性
④コミュニケーション
⑤収集心
であった。

この5つは一応順位付けされているらしいが、本文によると
現実的には順位は問題にならないそうだ。

それぞれが意味するものについては、自分が
いつでも参照できるようにScibdアップしてみた。

そして、この本で
★才能=無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン
      →ストレングス・ファインダーで見つける

★知識=学習と経験によって知り得た真理と教訓

★技術=行動のための手段

と定義され、才能、知識、技術の3つが組み合わさって
「強み」が生まれるとされている。

そして、強みを築くには、知識や技術も必要だけど、
最も大切なのが才能だそうです。なぜなら、技術と知識は
学習と経験によって身につけられるけど、
才能は天性のものだから。

この才能を知ることで、自分自身が「成長する可能性」を
認識できることもそうだが、本の後半部分では
組織のメンバーの「資質」を知ることで
「個々の資質の活かし方」を考えることが出来て、
その上で、そのメンバーと適宜相談することで
個々の才能を引き出したり、伸ばしたりすることも
出来るそうだ。

これは、いわゆる「ヒューマン・キャピタル・マネジメント」にも
つながることであると思う。

本書後半にある、それぞれの資質を強みとする
人の活かし方という部分は、いわゆる自分の
「取り扱い説明書」みたいなもので、新しい組織に入るときや
新しいメンバーと作業をするときには、簡単に
自己プレゼンするのも面白いかも!と思った。
(例:自分はこういう資質・キャラだから、こうやって
使ってもらえるといい!!)

もし、興味があって読んでみたい人&ストレングス・ファインダーを
試したい人は中古ではなくて、新品の本書を買った方が
良いみたいです。
(中古だとIDが使われていてアクセスできない可能性あり)

更に、このストレングス・ファインダーの第2版が英語版で
出ているようである。



Strengths Finder 2.0
Gallup Pr
Tom Rath

ユーザレビュー:
日本語でweb診断テ ...
恐ろしいくらい的確で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本は英語だが、web診断テストは日本語で受けられるようです。
amazonのレビューによると、第2版は行動のアドバイスがあったり、
掲示板での意見交換ができるようです。
英語読む元気が出たら、買おうかな・・・。

この記事へのコメント

さっちん
2008年08月25日 15:16
お久しぶりです!私もstrengths finderやりましたよ。「How full is your bucket?」というオーディオブックCDを買ったら特典でIDがついていました。英語ですが割と聞きやすく面白いCDでした。ご参考までに。
管理人
2008年08月27日 13:45
さっちんさん情報ありがとうございます。。「How full is your bucket?」探してみます。他にもお勧めのオーディオブック/CDがあったら教えてくださいね!!

この記事へのトラックバック